2007年10月31日

包皮腺

性器にできるブツブツでコンジロームと間違えやすいのは、以前にご紹介したフォアダイスや真珠様陰茎小丘疹、膣前庭乳頭症のほかに包皮腺というものがあるそうです。

これは包皮小帯という、一般に男性が裏筋と呼んでいる部分の周辺にできます。

つまり男性からは普段見えない位置にあるので中々気付くことができません。


包皮腺とは恥垢を分泌する原因となる皮脂腺のことです。
つまり包茎の男性はできやすいということでしょう。

これもフォアダイスや真珠様陰茎小丘疹と同様に無害です。


しかし見た目を気にする方も多いようです。
その場合は病気ではないので保険が利かず
治療代は3〜10万円になると言われています。


性器にブツブツができたらまずはこれらを疑ってみてください。

焦って美容クリニックに行った日には必ずと言っていいほど手術をすすめてくるでしょう。

病気でないのなら手術の必要はないのですから口車に乗せられないようにしてくださいね。


コンジロームの心配があるならば美容クリニックなどではなく男性なら泌尿器科、女性なら産婦人科を受診することを絶対におすすめします。

何事においても冷静な判断が必要ですので気を付けてくださいね。



ランキングに投票していただけると
コンジローマや包皮線で悩む方にこのブログをみていただくことができます。

よろしくお願いいたします。


posted by 経験者 at 23:38 | Comment(2) | 尖形コンジローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。