2008年03月28日

包茎手術後 約半年

包茎手術を受けてから約半年が経ちました。

包茎手術の経過を見る一応の目安が半年とされています。

というわけで今日は、傷跡の痛みと見た目と機能面についての現状を報告しようと思います。


まず、痛みに関してはまったくありません。

本当に自分が包茎手術を受けたのかさえ疑問に思うほどです。

普段の生活で亀頭がパンツにこすれるような痛みはもちろんありませんしセックスやオナニーもまったく問題ありません。


機能面や感度に関しても良好です。

勃起力が弱くなったとか感度が鈍くなったということも感じません。

ただ、感度は悪くなったとは思っていませんが変わったように感じます。

手術直後に感度が変化しましたが、それに慣れたといった感じです。


傷跡の見た目に関しても他人にはわからない状態です。

まじまじと見ればわかるかもしれませんが、普段自分で見ても違和感はありません。

こないだ温泉に行ったのですが、前を隠さず堂々と歩けるのはちょっと嬉しかったです。

それが自信に繋がっているのか、早漏も改善されています。
早漏は精神的な要素が強いと個人的に思っているので、包茎手術によって刺激に強くなったことに加えて自信がついたことによって早漏が改善されたのだと思います。


このように、とりあえず現状では満足できる水準にまでなりました。

今後は5年、10年経ったときにどのような変化があるのかが心配です。

包茎手術をして10年になる人の経過報告は見たことがないですからね。

このブログでそれができるかはわかりませんが、また変化があればすぐに報告します。



もしこのブログが少しでもあなたのお役に立ったならばランキングに投票してください!

包茎手術に関して悩みをもつ方に
少しでも多くこのブログを見ていただきたいと思っています!
よろしくお願いします!

ブログ王



喜ばしいことに今でもこのブログは1日400人前後の方々にご覧いただいています。

それだけ悩んでいる方が多いということですね。

僕も毎日ブログはチェックしているのでコメントや相互リンクの依頼があればいつでもどうぞ。


※現状では包茎手術の経過に満足していますが、僕は決して安易な包茎手術を奨励してはいません。

包茎手術後の大変さについては過去の日記で語っていますので、手術を考えている人は過去の日記を必ず一度はご覧ください。



posted by 経験者 at 23:35 | Comment(0) | 包茎手術後の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。