2010年11月05日

包茎手術後3年目

僕が包茎手術を受けてからいつの間にか3年もの時間が経っていました。
3年後の経過報告をしたいと思います。

前回、術後1年目の報告ではまだ少し痛みがあると書きましたが今はまったく痛みもありません。

トイレや風呂に入ったときなども、亀頭が露出していることを当たり前だと感じ、自分が包茎手術を受けたことすら忘れていることがあるほどです。
見た目の仕上がりが良いのが幸いしていると思います。

手術を受けた当時付き合っていた彼女とは別れ、その後何人かの女性と関係を持ちましたが手術を受けたことがバレたこともありません。

肝心の感度についてですが、感度が悪くなったという実感もありません。
手術直後は感度が変わったということも書きましたがそれがどんな変化だったのか思い出せないくらいです。
早漏気味だったのも改善されていて、性行為が本当に楽しくなりました。

総じて包茎手術による障害などは今のところないです。


このブログも未だに多くの方にご覧いただいており、ご相談のメールもたくさん頂戴しています。

相談の内容で多いのが、手術を受けてしまってから不安になってこのブログを見つけた方からのメールです。

やはり手術のこと、ケアのこと、手術を受けるクリニックのことはちゃんと調べておくことが重要なんだなと思います。

たしかに包茎手術を受ければほぼ確実に包茎は治ります。
でもそれなりのリスクもあることは知っておいてほしいです。

まずは手術以外にできることを試してほしいというのが正直な気持ちです。
それでも包茎を治すために手術を受けたいという方が多いのがメールやコメントを通して実感できます。
それだけ真剣に悩んでいる方が多いということですね。

もしあなたが包茎手術を受けようとしているなら
クリニック選びはくれぐれも慎重に行い、
事前のメール相談などもしておくと良いと思います。


posted by 経験者 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎手術後の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。