2007年10月25日

包茎手術後39日目

現在、コンジロームとの診断が誤診なのかを検討しています。

このようなことは焦って冷静な判断ができなくなってはいけないので
ゆっくり時間をかけて確認しようと思います。


包茎手術の経過に関しては、時折チクッとした痛みはあるものの日常生活にはなんの支障もありません。

勃起時にもつっぱり感はないので、とりあえず包茎手術自体はうまくいったのではないかと思っています。

何度も言うように後は実戦での確認のみですね。
これがダメだと手術は失敗と言わざるをえませんが…
考えると怖いことです。


来月中旬に遠距離恋愛の彼女に会うことになりました。
コンジロームのこともあるのでセックスはするかどうかはわかりません。

ですが、もしセックスをしたら必ず感想を書きたいと思います。

感度について詳細に語られたものが中々見当たらないので
気になっている方も多いと思います。

ですので、できるだけ詳しく書きますね。
もちろん方向性がずれてしまわないように気を付けますが。


セックスでの痛みはないのか…
感度はどれくらい変わっているのか…
考えれば考えるだけ不安です。

悩みや不安は尽きません。
これが包茎手術なのですね。


こちらをクリックしていただけると
包茎手術で悩む方にこのブログをみていただくことができます。

よろしくお願いいたします。



posted by 経験者 at 01:06 | Comment(0) | 包茎手術後の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。